読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Blory's Miscellaneous Days

息子ブロリ 2019年中受@SAPIX ゆるめ

新4年 授業開始日に緊急事態発生

 

何度も何度も確認した塾への行き方

 

家を出る前に電話があり、今から出るとのこと

良い子

 

15分後

泣きながら電話

「バスが保育園の時に行った公園の所に着いた・・・・

(号泣) わ~~~~ん。・゜・(ノД`)・゜・。

もう行きたくないよぉ~~~怖いよぉ~~~」 

 

あれだけ「このバスに乗るんだよ」と言ったのに、違うのに飛び乗った模様

すでに16時を過ぎている

 

緊急事態発生

パパさんに電話

彼がいるであろう場所(←自分でよくここまで聞き出したと思う)へ向かってもらい

ギリギリ16:30に入室

 

ふぅ・・・・ 

3年生男子

そうだ、まだ子ども

どんなに心細かっただろう

母は、会社のデスクで涙が出そうになった

今すぐ迎えに行きたかったよ

 

そこを冷静に

「ブロリ、大丈夫だよ。保育園で行ったところだもの。近い所だよ。

パパが迎えに行くよ。そこで待っているんだよ。」

「うん。」

 

こういう時こそ冷静に対応しないといけない

「何であのバスに乗らなかったの?今どこにいるの?わからないの?どうしてわからないの?」

なんていう質問攻めは絶対にしてはいけない

本人はこの世で一番恐ろしい時間を過ごしている

1人きりだ

 

親も子もこうして成長していくような気がする

ブロリ

これからだ

まだ塾にも着いていないぞ 笑

 

というわけで、初回授業の話はまた次回以降にでも 笑