読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Blory's Miscellaneous Days

息子ブロリ 2019年中受@SAPIX ゆるめ

親も子も 類友

予定通り
超繁忙期が再来し
タイプするキーボードの音が
昨日の様な土砂降り状態の
ブロリ母です


ブロリ姉の時を思い出してみます
受験する前に訪れた学校多数

誰に似たんだか(ワタシ)
ブロリ姉は好き嫌いがはっきりしていたので
私の勧める学校へ見学に行くも
"イヤ、私ここ。生徒が暗い。"とか
訪問している最中に言う人でしたΣ(ㅇㅁㅇ;;)

それは、、、真面目と言うのよね(ノ´o`)ノ
まぁ、確かに地味な感じはあったけれどね
兎に角、彼女は行きたい、行きたくないが
ゼロ1ではっきりしていたので
学校選びは比較的に楽でした


ブロリ姉の選んだ学校に入学後の6年間
仲良くしていた生徒さんのお母さま達と
お会いしたり、ラインしたり
多々コミュニケーションをする
機会がありましたが
親同士でも安心して話が出来る方々
が多かったです

当然、部活やクラスの仲間も
それぞれ違う大学に進学しましたが
今もなお、子どもも親も
お付き合いか続いています
恐らくここまで続くと一生お付き合い
するかも知れませんね


一方、、、現在ブロリの通う小学校
ブロリ姉も含めてはや10年通わせてますが、、、
うーん、地域性もあるのかしら
話のできるお母さんはたった一人か二人だけ
まぁ、ママ友ランチとかお誘い頂くと
断るのが大変なのでママ友は少なくて
かえって助かる点も多いのです

あとは、
ブロリ母は変わり者扱いですし笑
実は近寄らないでオーラと演技ですけれど、、、
(≧∇≦*)


そもそも論ですが
中学受験の道を選び、小学校の大事な時期を
他人から見れば、狂ったような
塾の世界へ入れさせている自体
レベルは違えど
既に親達の志が同じベクトルに向いてるので
類友なのでは、と

更には同じ学校を目指し頑張ってきた
子供たちが、途方もなくレアな確率で
同じ学校に入学する事になったそのご縁たるや
奇跡だと思うわけですよ

入学式当日から
なんとも言えない一体感を味わうのは
当然なんです

子供たちも入学後の最初の会話は
"あなたどこの塾だったぁ?
私もーーーーーー!
併願はどこだったぁ?
私もーーーー!!!"
という感じで新しい生活が始まるわけで
それはそれは楽しそうなスタートでした

女子校ってこんな感じでしたけど
男子校ってどんなんでしょう
もっとドライなのかしら
知りたいわぁ

特にママ事情  笑
ここ、結構大事なんで
(✿˘艸˘✿)


☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
本日のバラ

f:id:ukbeat:20160518054820j:image

一部愛用している
ゲランの化粧品

そのゲランのパフュームに採用されている
素晴らしい香りのバラ
ナエマ

気難しく、なかなか咲かせられなかった
のですが、ここ数年で今年は1番の当たり年
広告を非表示にする