Blory's Miscellaneous Days

息子ブロリ 2019年中受@SAPIX ゆるめ

大学附属校と高入生

先月までにブロリを連れての附属二校訪問を終えました。やはり友人のお子さんが通っていると説明会などからの印象とは違いリアルな学校生活がしっかり見えたり聞けるのが良いですね。友人の子は男の子で小さな頃から知っているのですが、高3になっても適度にここが大事お母さんと仲良しで母親と息子の理想的な関係でした。友人になぜ息子に嫌われないのかと聞いたら、グダグダ分かっている事を本人のプライドも無視して言い続ける事は避けているとの事。母親は心配が先立ってどうしても口うるさくなりますが、君を信頼してるよ、というのを頑張って前面に出しつつ、言いたいことは簡潔に終わらせた方が良いそうです。うむ、なかなか簡単そうで出来ないですよね。

本題の附属二校はザ私立!言うことなしの施設。お金かけてますなぁ。。私も私立出身なのである程度のゴージャス感には驚きませんが、それは女子校のそれだけしか知らず。男子校のダイナミックさには、何だか感動しました。。野球グラウンドは今まで見た中で最大にして観客席もあるスタジアム。ブロリもうなりました、、、スゲエ。。。これは公立ではありえない。ブロリ父もかつて高校の時に練習試合で対戦して大敗した名門校。高校での部活は、学校によってはスポーツ推薦で入る子もいてレベルが高すぎるので、中入生でレギュラーになれない子は、高校では辞める選択肢もあるとか。まぁ、それもアリですな。6年間Bチームでもやる!という子以外は。

そして、勉強面。どうしても附属は勉強をしなくなる不安要素があります。実情としては、基本は本人任せだけれど、定期テストで悪い点だと呼び出しや部活停止、補講があるので、皆ソコソコやるらしい。更に附属大学の希望学部は成績が上の子から選べるので良い成績を取るのに必死とか。良いですね。希望の学部を逃すと、かなり田舎のキャンパスに通う羽目になったりしますからね。

友人のお子さん=超イケメン180cmがわたくし、恥ずかしながらあまりのイケメンぶりに一緒に写真まで撮りました。高校生ってこんなにカッコいいのねぇ。、クラスリーダーをしているだけあって顔が広い!野球部とバスケ部の同級生をブロリに紹介してくれて色々とお話して下さいました。高3と小4、、話は通じるのか?笑  そのうちの1人はバスケ部でしかも聞いたらご近所さんで更に高入生。おおっ!君は賢いのだねっ!!と思わずご本人に言ってしまいました。ごめん、中入生達。入学時の偏差値が断然高い高入生は何だかキリリと見えたのは気のせいか。中入生はとにかく優しくてほんわかしているフツーの男の子ですが、フツーって大事です。昨今こんな風に素敵なお兄さんになれるのは稀な気がするのでね。これはこれで育て方としては間違いではない気がしました。そして改めてオタク率の高い学校はやはりブロリには厳しいな、と。ニコニコ愛想の良い附属のお兄さんの中で楽しそうにしているブロリを遠くから見ていてそう思いました。そして更に、、、ブロリにはやはり男子校しか想像出来ない、、、と、、苦笑

今年は行けなかった附属二校は来年必ずや訪れようと思います。附属、悪くない、うむ。