Blory's Miscellaneous Days

息子ブロリ 2019年中受@SAPIX ゆるめ

2016 Best PV

昨年の記事の中でアクセス数が断トツだったのは"サピックス 入室テスト もちろん落ちる"でした。テキスト的に縁起が悪いので、首都圏受験期間が終わるまで公開は控えておりました。

分かります、このタグで検索される親御さんのお気持ち。私もどれだけ探したか。むしろ落ちた話は全然なく、"普通に勉強している子なら落ちません"ばかり。

本当に?ならば、我が息子は門前払いか、、と。。。しかし、入室テスト問題を見て、なぁんだ、これは普通に学校の勉強で満点取れる子でも解ける問題ではない!と知りました。子どもは学校であんな計算やこんな文章題を解いた事がないのですから、落ちて当たり前。天才、秀才、ガリ勉君以外の、フツーの男子には!!こういう事こそブログで誰か教えてよ、、、って本気でその時に思いましたので、この件はあえて記事にしようとずっと思ってきました。はい、落ちても普通です。はぁ、スッキリした。

反面、当たり前ではなかったのは、親が無知だったことです。アルファに入室時から入る子の親御さんは、きっとご存知だったのだし、子どもにちゃんとその準備をさせ、華麗に最上位からスタートさせる訳ですね。素晴らしい。以上。。

なので、そんな問題が出る事を親が知らなかった事がいけなかったのであって、問題を見た瞬間凍ったであろう子どもに非はありません。むしろ可哀想な思いをさせました。落ちてから、母は出題傾向をエクセルに書き出し、同じ様な問題が多くあったN出版一行問題集を毎日やり3回転させました。そしたら、一発で受かりました。結局、戻るところは基本問題、、、そう、大問1 計算問題10問と、大問2文章題を3つか4つだけ解答出来れば入室できたのです。

やはり、、、計算ですね。計算でした。そして、今後も絶対に計算。間違えたら意味なし芳一、うむ、深い。。。そして、キモはここなんだ。そう、計算なんだぁーーー!!!(ง°̀ロ°́)ง

ささ、月曜。仕事してきます。

広告を非表示にする